その他美容法など

ピーチローズを使用したら、お尻の黒ずみが解消されスベスベになりました

10透明感のあるスベスベのお尻って、良いですよね。
私のお尻はざらざらで、黒ずんでいるのが悩みです。
毎日のデスクワークでお尻を圧迫しているのが、原因なのかもしれません。
こんな黒ずんだ汚いお尻では、恋愛にも積極的になれません。
何としてもお尻の黒ずみを消す!

そんなある日ネットを見ていたら、ピーチローズを見つけました。
ナノ処方なので浸透力が高く、効果が持続してくれそうだと思いました。
植物エキスも豊富に配合されているので、私のような肌が弱い人でも安心して使用ができそうです。
ピーチローズを使用すれば、私のお尻の黒ずみにミラクルが起きるかもしれないと思い、購入を決めました。

朝は着替える時、夜は入浴後に使用をしました。
ピーチローズをお尻全体に馴染ませ、手の平で優しくマッサージをしました。
プルンとした瑞々しいテクスチャーのジェルが肌にスーッと染み込み、ガサガサだったお尻がしっとりと潤いモチモチになりました。
とても伸びが良いジェルで肌馴染みが良く、べた付かない所が気に入りました。
エレガントなローズの良い香りがして、使用するのが楽しみになりました。

ピーチローズを使用して約一ヶ月間で、黒ずんでいたお尻はブライトアップされ、後姿が若々しい印象になってきたのが実感できました。
更に三ヶ月間使用をしたら黒ずみは更に解消され、透明感が出てきました。
手でお尻を触ると柔らかくスベスベになっていたので、凄く嬉しかったです。
おかげ様で、恋愛に積極的になれました。

その他美容法など

スチーマーでつやつやの肌になりましょう

3最近スチーマーをつかってスキンケアするのが好きです。今までスチーマーなど使ったことはなかったのですが、スチーマーをつかうようになってから、かなり水分量が上がりました。デパートのコスメカウンターで調べてもらいました。どんなに高いスキンケアよりも効果的だとおもっています。日常的にスチーマーを取り入れることをおすすめします。

1、寝る前のスチーマー+スキンケアで潤いのあるもちもち肌になろう。

寝る前の10分間、スキンケアをしているときに一緒にスチーマーを当てながらすることをおすすめします。終わったあとはかなりしっとりして、もちもちの肌になります。角質層がしっかり潤えば肌トラブルもなくなりますし、ハリのある肌に見えます。

2、メイクの前のスチーマーで白浮きなし!ツヤ肌が完成します。

メイク前のスキンケアにも5分でいいので、スチーマーを当てると効果的です。次につけるメイクのノリがよくなります。ファンデーションがしっかり馴染んで白浮きするようなことがないのでとても綺麗にメイクが仕上がります。

3、メイク後にもスチーマーを30秒あてよう!

実はメイク後にも少し離したところからスチーマーを当てるとメイクが全体的に馴染んでとってもキレイに見えるんです。ポイントメイクがにじまないためにもスチーマーをあてている分数は30秒ぐらいでいいのです。特に真冬などは乾燥がひどいので、より効果的ですね。

その他美容法など

私のニキビ撃退法について

元々ニキビができやすい肌質なのでが、いろいろ試してだいぶニキビがなくなってきました。真夏はいまでもぼつぼつできるのですが、真夏以外はかなりキレイな肌の状態を保っています。私が実践したニキビ撃退法についてご紹介したいとおもいます。

1、クレンジングが大切!オイルクレンジングはなるべく避ける。

私がニキビ撃退で一番効果があったのが、オイルクレンジングからジェルタイプのクレンジングやオイルフリーのクレンジングに切り替えたことでした。

つけるスキンケアでケアをがんばっていたのですが、ニキビが完全に消えることはなく、もっと違う角度でアプローチしようと思い、クレンジングを変えたのがきっかけでした。

オイルクレンジングをやめてからニキビがだいぶ減ったんです。いくらダブル洗顔をしても、やっぱりオイルが肌にのこっているようんで、次の日ブツブツとできていたようなんです。

2、ジェル状の化粧水でたっぷり肌を潤わせる!

あと、効果的だったのが、ジェル状の化粧水をつかうことでした。普通の化粧水だと水分なので潤いが蒸発しやすいですし、垂れてしまうのであまり効果的ではないとおもっています。その点、ジェル状の化粧水だとパックをするような感覚でつかうことができるので、しっかり水分を保持してくれます。

私の場合水分をしっかり保持するとニキビなどのトラブルが減ります。べつにアクネケア専用のスキンケアでなくてもいんです。

足臭

足臭にオススメの対策

3長時間靴を履いた後の臭いってどうしても気になりますよね。
家に帰った後に自分の足の臭いを嗅いでみると、とても臭い時があります。
どうして、こんなに臭くなるのか? その原因は何なのでしょうか?

やっぱり、足の臭いですから、足に原因がある場合が多いです。
お風呂に入った時に足の洗い方が不十分だと、古い皮脂や角質をしっかりと取り除き、ちゃんと洗い流せていない場合には、足の臭いがキツくなりやすくなるようです。

足の臭いの原因は、そういった皮脂や角質を足にもともと住み着いている菌が分解する際に臭いを出します。
ですので、分解する皮脂や角質が溜まっていると、どんどん分解してゆき、臭いもどんどんキツくなっていくというわけです。
お風呂に入った時に、しっかりと足の汚れを洗い流しましょう。毎日のケアが大切です。

足以外にも原因となるものが2つの要因と、
足の臭い対策についてご紹介します。

その1つは、靴下です。
靴下も雑菌が繁殖しやすいものなので、こまめに履き替えないと臭いの原因となります。
特に、通気性の悪い素材や厚手のものを履いている場合は、多量の汗や蒸れにより、より雑菌が繁殖しやすく、臭いもキツくなりがちです。
1日で靴下が臭くなるのであれば、半日履いたら履き替えるようにするなど、臭くなる前に履き替えるのが肝心です。

もう1つの原因は、靴です。
靴も靴下と同じく、雑菌が繁殖しやすいので、こまめにメンテンナンスをしましょう。
靴は通気性の悪いものが多いので、一日中履いていると、中は蒸れて雑菌が繁殖した状態になっています。
毎日同じ靴を履いていると、さらに雑菌が繁殖し易い環境になり、靴の寿命も短くなります。
1日履いた靴は、吐き終わった後に除菌スプレーを吹き、靴を休ませて菌の繁殖を防ぐことにより、足が臭くなりにくくなり、靴の寿命も伸びます。

足臭

日常生活でできる足の臭い予防・ケア方法

1日頃から足の臭いは気になりますよね。靴を脱いだ時,靴下を脱いだ時など自分で「臭う」と感じることはないでしょうか。
今回は日常生活でできる臭い予防・ケアする方法についていくつかご紹介したいと思います。

1,足を丁寧に洗うこと

お風呂に入ったときに足を洗うときはどうしていますか?タオルでゴシゴシだけでは足りません。
必ず指と指の間を丁寧に洗ってください。
以外にも洗い忘れが多く,洗いにくい場所でもあります。時間はかかりますが,丁寧に一本一本洗うことが大切です。

2,指をひらくことができる

これは一度試してほしいのですが,足の指を「足の力だけで」ひらくことはできるでしょうか。
親指と人差し指の間はひらきやすいという方も多いかもしれませんが,他の指もパックリとひらけられるでしょうか。
これは「通気性」の問題です。
普段は意識していませんが,歩くとき,走るときなど足の指と指の間はひらいたり閉じたりしています。
これは自然におこなわれ,足が勝手に体のバランスをとっているのです。
足の指がひらくということは,通気性がよい,臭いがこもらないので,「臭い」と感じることが少なくなります。

3,食生活

「ニンニクを食べるとニンニク臭くなる」というのはよくある話です。
つまり,人は食べたものの臭いが口からだけではなく,体臭としてもでてきます。もちろん足も例外ではありません。
特に足の場合は靴下を履いているので,臭いがこもりやすいという原因にもなります。
偏食を続けると足の臭いも溜まりやすくなるのです。
バランスの良い食生活を心掛けましょう。

4,まとめ

いかがでしたか?上記のことに注意しながら,日常生活でできる臭いケア・予防に挑戦してみてください。”

足臭

臭い足の簡単なケアのやり方

5私は足の臭いが凄く苦手なタイプで、子供が部活から帰って来ると直ぐにお風呂に直行して貰って石鹸とお湯でシッカリと足の間まで洗わせます。
多分中学生や高校生の運動部のキツイ運動を何時間もして汗で蒸れた足が一番臭いと思います。

だけど、家に帰って来たら石鹸とお湯でキッチリ洗わせると足の臭いは消えます。
もしかして、凄く強烈でこびり付いた様な酷い足の臭いならドラックストアの薬コーナーで足専用の抗菌石鹸が売っているので使った方がベストだと思います。

それは主人が若い頃に革靴で仕事の時にいっぱい歩いて帰って来た時に足から悪臭がしてビックリした時があって、主人の足が凄く臭くて悪臭になった原因はサラリーマンが履くツルツルしたストッキングみたいな黒い通気性の悪い靴下と履きなれない通気性の悪い革靴のダブル効果で異常なくらい足が蒸れて悪臭がしました。

だからその時は通気性の良い綿の靴下に変えて革靴も靴の裏に通気口があるやつを買って、悪臭を放って細菌が増殖した足は薬局の薬コーナーの抗菌石鹸で水虫予防にもなる青い石鹸で毎日ゴシゴシ洗ったら、主人の足の悪臭が嘘の様にスッキリと消えました。

結局、足の嫌な臭いや悪臭とサヨナラしたいなら通気性の良い靴と綿の靴下と家に帰って来てからのお風呂で足を抗菌石鹸でゴシゴシ足の間や隅々まで綺麗に洗うのが良いと思うし、足の悪臭をそのままにしていたら絶対に家族や会社の人達などに嫌われるから気をつけないと駄目です。

足臭

足の臭いの原因とその対処法

7足の臭いって気になりますよね。靴を履いていると、特に足が蒸れやすいので、臭いがきつくなりやすいです。では、こうした足の臭いの原因とはいったい何でしょうか。

それはずばり「雑菌」です。靴の中などは、適当な湿度も保たれ、しかも足から分泌される汗や皮脂、垢などが雑菌のエサとなりますから、雑菌が増えてしまいやすいのです。

ぬれたままのふきんを放置すると、悪臭がしますよね。足が臭くなるのも、同じ理由なのです。

足の臭いを根本から立つには、足が蒸れないように靴を履くことなく、年中裸足で過ごすのが良いのでしょうが、そんなわけにも行きません。となると、まずは雑菌を増やさないように、足を清潔に保つことが重要になってきます。

入浴中、足を洗う際には、石けんを使って丁寧に洗うようにしましょう。特に汚れや汗などが溜まりやすい足の指と指の間はきちんと洗うようにしたいものです。そして、もう一点見落としがちなのが、足の爪の中です。足の指の間もきれいに洗っているのに、なかなか臭いが取れないという方は、爪の中によこれが溜まっている可能性があります。歯ブラシなどで、やさしく爪の中を洗うようにしてみてください。個人差はあると思いますが、足に角質(古くなった皮)が溜まりやすい対応の方は、定期的に角質ケアをするのも良いでしょう。

また、足がいくら清潔であっても靴に臭いが染みついていたら元も子もありません。湿ったりぬれたりした靴は、できるだけ早めに乾燥させるようにしたいものです。皮などのデリケートな素材には向きませんが、スニーカー等であれば、日光消毒をすることも有効でしょう。

足臭

ブーツの季節は足の臭いケア必須!

Stinking shoes肌寒くなり、ブーツの季節が到来。

ブーティやロングブーツ、今年もかわいいブーツに目移りしています。
でもブーツをはく季節には足の臭いケアを忘れずにしましょう。

いざブーツを脱いだ時にむわっと臭ってしまっては、せっかくのおしゃれも台無しです。
そもそも、ブーツをはくとなぜ足が臭ってしまうのでしょうか。
なんと、ブーツを10分はくだけで、ブーツの中の湿度は100%にまで上がるのだそうです。
この湿度と古い角質などが雑菌のエサとなり、むわっとする臭いの原因になります。

まずは足を清潔に保ちましょう。
スクラブなどで古い角質を取り除くことはもちろん大切ですが、以外と見落としがちなのが、足の爪です。
足の爪には雑菌がたまっていることがあります。
伸ばしすぎないように注意しましょう。

またタイツや靴下などは、殺菌成分配合のものや酵素入り洗剤で洗いましょう。
生乾きのものを履くのは絶対にいけません。
よく乾いたものを履きましょう。

そのほか、ブーツ内の環境も整えておくことが大切です。
ブーツ内は湿度がたまりがちです。
どれだけ気に入っているブーツであっても、毎日同じブーツをはくのはやめましょう。
また、新聞紙を入れたり天日干しをするなど、ブーツ内を乾燥させましょう。
また、ブーツを脱いだら10円玉を入れておくのもおすすめです。
銅イオンの効果が、臭いの原因の雑菌をやっつけてくれるんです。
履くときには取り出すことを忘れずに!