足臭

ブーツの季節は足の臭いケア必須!

Stinking shoes肌寒くなり、ブーツの季節が到来。

ブーティやロングブーツ、今年もかわいいブーツに目移りしています。
でもブーツをはく季節には足の臭いケアを忘れずにしましょう。

いざブーツを脱いだ時にむわっと臭ってしまっては、せっかくのおしゃれも台無しです。
そもそも、ブーツをはくとなぜ足が臭ってしまうのでしょうか。
なんと、ブーツを10分はくだけで、ブーツの中の湿度は100%にまで上がるのだそうです。
この湿度と古い角質などが雑菌のエサとなり、むわっとする臭いの原因になります。

まずは足を清潔に保ちましょう。
スクラブなどで古い角質を取り除くことはもちろん大切ですが、以外と見落としがちなのが、足の爪です。
足の爪には雑菌がたまっていることがあります。
伸ばしすぎないように注意しましょう。

またタイツや靴下などは、殺菌成分配合のものや酵素入り洗剤で洗いましょう。
生乾きのものを履くのは絶対にいけません。
よく乾いたものを履きましょう。

そのほか、ブーツ内の環境も整えておくことが大切です。
ブーツ内は湿度がたまりがちです。
どれだけ気に入っているブーツであっても、毎日同じブーツをはくのはやめましょう。
また、新聞紙を入れたり天日干しをするなど、ブーツ内を乾燥させましょう。
また、ブーツを脱いだら10円玉を入れておくのもおすすめです。
銅イオンの効果が、臭いの原因の雑菌をやっつけてくれるんです。
履くときには取り出すことを忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です