足臭

足臭にオススメの対策

3長時間靴を履いた後の臭いってどうしても気になりますよね。
家に帰った後に自分の足の臭いを嗅いでみると、とても臭い時があります。
どうして、こんなに臭くなるのか? その原因は何なのでしょうか?

やっぱり、足の臭いですから、足に原因がある場合が多いです。
お風呂に入った時に足の洗い方が不十分だと、古い皮脂や角質をしっかりと取り除き、ちゃんと洗い流せていない場合には、足の臭いがキツくなりやすくなるようです。

足の臭いの原因は、そういった皮脂や角質を足にもともと住み着いている菌が分解する際に臭いを出します。
ですので、分解する皮脂や角質が溜まっていると、どんどん分解してゆき、臭いもどんどんキツくなっていくというわけです。
お風呂に入った時に、しっかりと足の汚れを洗い流しましょう。毎日のケアが大切です。

足以外にも原因となるものが2つの要因と、
足の臭い対策についてご紹介します。

足の臭い対策はこちら

その1つは、靴下です。
靴下も雑菌が繁殖しやすいものなので、こまめに履き替えないと臭いの原因となります。
特に、通気性の悪い素材や厚手のものを履いている場合は、多量の汗や蒸れにより、より雑菌が繁殖しやすく、臭いもキツくなりがちです。
1日で靴下が臭くなるのであれば、半日履いたら履き替えるようにするなど、臭くなる前に履き替えるのが肝心です。

もう1つの原因は、靴です。
靴も靴下と同じく、雑菌が繁殖しやすいので、こまめにメンテンナンスをしましょう。
靴は通気性の悪いものが多いので、一日中履いていると、中は蒸れて雑菌が繁殖した状態になっています。
毎日同じ靴を履いていると、さらに雑菌が繁殖し易い環境になり、靴の寿命も短くなります。
1日履いた靴は、吐き終わった後に除菌スプレーを吹き、靴を休ませて菌の繁殖を防ぐことにより、足が臭くなりにくくなり、靴の寿命も伸びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です